FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテルの今後のCPU

今年の出だしは超難解な事になってるインテルです

インテルは発売前からわかっていたんでは?との話もあるし

CPUに問題はないけれどマザーボードが全滅だから困るよ被害はそうとうな

Sandy Bridgeでは今後Pentium(+Celeron?)も導入されるのが面白いですね
今年の終わりにLGA1366の後継のLGA2011のSandy Bridge-Eが登場です

来年明けてすぐIvy Bridgeも導入予定で(LGA1155)CPUは順調のようですけど
今後しばらくはLGA1155とLGA2011のプラットフォームで固定されるのかもしれません

LGA1156はもう消えるのかな、LGA1366も引退決定ですからね
この二つのプラットフォームはいつまで残るか
もともとLGA1366は短命だとか言われてたけれど(すでに自作でも作る人少ないですし)LGA1156も同じ道のようですが

問題のチップセットのせいでSandy Bridgeのたった1年後Ivy Bridge投入予定がさらに短くなってしまうのはどうもおかしいかな、というかIvy Bridgeがメインストリームなんじゃないのかなあ

もしかするとIvy Bridgeは遅らせる可能性があるのかも・・・・
Sandy Bridgeが消滅はしないでしょうがここはインテルしかわからないですね、おそらくSandy Bridge-Eへとシフトとなるのでは
とすればSandy Bridgeはどうなるのかちょっと微妙な存在です

考え出すときりがないけどSandy Bridgeもなんか今思えば価格が安すぎじゃないですかね、いくらIvy Bridgeが控えてるとしてもちょっと価格設定が・・・・この価格設定は相手(AMD)が弱いのでこれでも十分とみたのか?

個人的にはIvy Bridgeがよさそうに思えるんですが

対するAMDが気になるけれど・・・どうもねえ

逆に一時期危ないと思われていたNVIDIAがCPUへ降りてきて順調なように見えるんですよね、AMDの会社の体勢が悪いのかはわかりませんがATIを取り込んだわりには伸び悩みがあるようです
コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

ぴーちゃん

Author:ぴーちゃん

ブログ内検索
リンク
ハードディスク、SSD、NAS
RAID 0
最近のコメント
Amazon人気商品




















QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。